2016年9月21日水曜日

「nginx + リバースプロキシキャッシュ」において、User Agent ベースでテーマ切り替えやスマホ対応している場合の問題

随分前からある Tipsのようですが、nginx に移行して初めて遭遇したので、備忘録として残しておきます。まぁ遭遇したサーバーが網元(AMIMOTO)さんだったので、サポートに問い合わせたら件名の可能性について回答してくださったので手間取らずに済みました!

最近はレスポンシブ・ウェブ・デザインでスマホ対応していたので、気づいてなかったのでしょうね...

スマホ対応には、いろいろ方法はあると思いますが、まぁデザインやレイアウトに疎い私が把握・理解できる範疇では下記の2つぐらいかなーと思います。それぞれ nginx + リバースプロキシ配下でどう対応するかをメモっておきます。

1. レスポンシブ・ウェブ・デザイン


対応の必要なし

2. User Agent にて表示変更


モバイル判定したものについては、キャッシュを削除する必要あり。
Nginx でモバイル判定させ、その情報をもとにリバースプロキシキャッシュを削除するということになりますね。一番簡単なのは

  1. Nginx Cache Controller プラグインの導入
  2. nginx設定に、モバイル判定設定を組み込む
     参考:[WordPress] nginxでモバイルとPCでテーマを分ける方法(Qiita)
  3. テーマの functions.php にNginx Cache Controller を使ってモバイル用のキャッシュを削除するフィルタを追加
     参考:網元で WPtouch を使用する際の設定(網元)

当方は、WPtouch Mobile Plugin が利用されていたサイトだった事、網元をつかっていたので、まさにこのヘルプをみて解決できました!! 


3. User Agent でテーマ変更


これも基本は「2」と同じですが、便利なプラグインがあります。
  1. Nginx Cache Controller プラグインの導入
  2. nginx設定に、モバイル判定設定を組み込む
  3. Nginx Mobile Theme プラグインを使って利用する
どう設定するかは、上記2つのプラグイン作者のサイト

2016年9月21日 @kimipooh

2016年9月12日月曜日

【備忘録】特定の親カテゴリー以下の子孫カテゴリー情報を収集したい

ちょっとしたきっかけで試してみたので、備忘録メモとして残しておきます。

事例)親カテゴリー(記事)のID=2に属する、子、孫以下のすべてのカテゴリーIDを収集


$parent_id = 2;
$children_ids = array();
$term_children =  get_terms( 'category', array('child_of' => $parent_id) );

if($term_children){
  foreach($term_children as $child){
     $children_ids[] = $child->term_id;
  }
}

がもっとも短いコードかなーと思います。
ここの、 $term_children をチェックすることで、カテゴリー名やスラッグなども収集できますね。特定カテゴリーにの子孫の記事情報を表示したい、非表示にしたいなどのときも活用できそうです。

2016年9月12日 @kimipooh

2016年9月8日木曜日

【備忘録】WP-CLIと BackWPUPプラグインを利用した WordPress の自動バックアップ&自動アップデート

WordPerssの wp-cron.php によるアップデートは
  1. 「いつ」実施されるかわからない
  2. バックアップをとってから、やってほしい
という要望を満たすことが出来ません。
ので、もしサーバーで WP-CLI、BackWPUPプラグイン、そして cronが利用できるなら、コマンドベースのバックアップもオススメですよ!

以下は備忘録を兼ねて、一例として書いておきます。

流れ

Google+ Badge