2017年2月27日月曜日

9年ぶり!京都で WordCamp Kyoto 2017 が開催!

WordCamp Kyoto 2017 が 6月24日、25日に京都大学で開催されることが公開されました! 当時にセッション登壇者の募集も始まりました。もちろん運営メンバー(実行委員)も募集されています。


WordCamp は WordPress 公式イベントであり、様々な方々がイベントに集まってきます。是非この機会に自らの裾野を広げてみては?と思います。

関連情報



2017年2月27日 @kimipooh

2017年2月14日火曜日

【備忘録】JetPackプラグインの「タイルギャラリー」の落とし穴に注意!

WordPress の JetPackプラグイン内にある「タイルギャラリー」について、ちょっと特殊な問題が起こって解決したのでメモっておきます。

制限サイトではギャラリーが表示できない


制限サイトとは、IPアドレス制限やパスワード制限されたサイトのことです。
よく準備中のサイトって一部メンバーのみチェックのために、そういった設定にしていることはありませんか。

どうやらその場合には、タイルギャラリーのギャラリーデータの画像が表示できないようです。このタイルギャラリーは、WordPress.com の CDNを通じて提供されており、画像としては ***.wp.com で生成された画像を表示することになります。制限されたサイトでは、生成された画像が GETできない(400エラー)となります。制限を解除して、キャッシュ系プラグインやシステムがあるなら、キャッシュをクリアすると問題なくでます。

以上から、WordPress.com 側がサイトの画像から直接データを取得してコンバートして CDN として提供しているのじゃないかなーと思います。なので、サイトへのアクセスが制限されていると画像が取得できなくて生成できないのかなぁと。

ただ一度サイトのアクセス制限を解除してタイルギャラリーができあがれば、再度サイトのアクセス制限をしてもギャラリーは残ります。

でも毎回やるの面倒だよ〜


その場合には、WordPress.com からのサイトへのアクセスを許可すればいけました。IPアドレスの細かい範囲は分からないので、パスワード保護されたWordPressを WordPress.com で管理するためには で以前調べた Automattic社の IPアドレス群をまるごと許可しました。
  • 192.0.64.0/18
ですね。実際に CDNは、 i0.wp.com とか i1.wp.com とかいくつかあるようで、それらはカバーしてそうです。BASIC認証をしているなら

Nginx
     satisfy any;
     auth_basic  "Hogehoge---";
     auth_basic_user_file /hogegegege/.htpasswd;
     allow 192.0.64.0/18;

Apache
   Order Deny,Allow
   Deny from all
   Allow from 192.0.64.0/18;
   AutoType Basic
   AutoUserFile  /hogegege/.htpasswd
   require valid-user
   Satisfy Any;

のように、Satisfy Any で OR条件にした上で、IPアドレス許可を追加すればいけまーす。

2017年2月14日 @kimipooh

2017年2月9日木曜日

【備忘録】WordPress の古いバージョンもセキュリティメンテナンスリリースされているけど、安全なのか

ちょっと内輪で質問されたことを受けて、調べてみても情報がなかなか見つからなかったので、フォーラムで質問してみました。皆さんからいろいろ回答頂いてやりとりしていたのですが、調べていくうちに、Make WordPress Core の Handbook に回答を見つけました。忘れない内にメモっておきます。

最新版以外は非推奨


つまりは結論的にはそうだったのでした。
確かに WordPress バージョン一覧(WordPress Codex 日本語版)をみると、WordPress 4.7.2 がリリースされた 2017年1月26日付で、WordPress 3.7以降のすべてのバージョンのマイナーバージョンがリリースされています。過去バージョンも、https://wordpress.org/download/release-archive/ よりダウンロード可能です。
WordPress.org フォーラムのモデレーターも、フォーラムにて、WordPress 4.6.2は 4.7.1(同時にリリース)のセキュリティフィックスをすべて含んでいるよという発言をされてます。

しかしながら、上記ダウンロードサイトの冒頭にも書かれていますが、
のSecurity項目の冒頭を抜粋すると

== 抜粋 ==
In the case of a purely security release, all patches should be created well ahead of time. Different patches may be necessary for trunk and stable branches. Currently, we make an effort to back port patches to all versions of WordPress that support autoupdates (3.7+). However, back porting patches is not always possible and those versions of WordPress are not officially supported as a result.
========
のように、自動更新を実装した WordPress 3.7以降のすべてのバージョンについて、可能な限りセキュリティリリースをするよう務めるけれど、すべてをフィックスできるわけではないし、公式にサポートいません。

と書かれているではないですか。
となると公式にサポートされている最新版以外は非推奨。ってことなのですよね。
確かに 一つ前のバージョンぐらいは全部フィックスされる可能性は高いですが、しかし保証されているわけではないのでアップグレードして対応するのが推奨ってことですねぇ。



なるほど〜って思った今日この頃でした。

P. S.
いろいろな事情でメジャーバージョンアップできないケースも多々あると思います。WordPressでは 3.7というかなり古いバージョンも、できる範囲でしょうが頑張ってセキュリティフィックスされている開発者の皆様には脱帽です。


2017年2月9日 @kimipooh

Google+ Badge